和装の前撮り☆おすすめ6社

TOP > 和装の前撮りのお得情報 > 和装によるブライダル撮影が人気

和装によるブライダル撮影が人気

ブライダルにて、前撮りと聞いて連想する衣装は、ウェディングドレスやカラードレスではないでしょうか。
しかし、打掛や振袖など、実は前撮りで断然得をするのは和装と言われています。
その理由は至ってシンプル、挙式当日にレンタルするよりもお得だからです。
フォトスタジオが提案しているプランには、新郎新婦の和装の衣装をはじめ、着付けやヘアメイクだけではなく、撮影料、アルバムやデータ代までが含まれていて、不明瞭さがありません。
某フォトスタジオでの前撮り提供価格は20万円を切る価格で、挙式当日にレンタルするよりもお得に和装で写真を残せるメリットがあります。
また、これは和装に限ってではなく、土日祝は割増料金になるフォトスタジオばかりですから、平日を選んで撮影する方がさらにお得です。
和装の中でも、新婦がまず選ぶのが白無垢ですが、ここでのポイントは、白無垢や打掛の下に着る掛下の色です。
どうしても古風になりがちな和装のイメージも、現在だとフォトウエディングでも着用できるように、ファッショナブルにコーディネートされています。
昔の白無垢スタイルとは違って、自由に表せる色付きの掛下が増えているようです。
せっかくの前撮りですから、伝統ある白無垢より、人と少し違った白無垢スタイルで楽しむのもおすすめで、衣裳探し、案内も行ってくれているフォトスタジオもあります。


挙式当日には、ウェディングドレスやカクテルドレスを着用し、前撮りで和装を着たい、こうした願望を叶える新婦も少なくありません。
新郎は黒紋付で、凛々しく・格好良く・粋に着こなす方ばかりです。
和装もポイントですが、最近の前撮りではロケーションフォトが人気取りしています。
よく映える庭園、人気の観光スポット、思い出の場所など、いろいろな場所で撮影できるのもメリットです。
特に和に映えるのは、静かな空間、青々とした竹林などを所有する寺院などです。
日本には四季があり、桜や菜の花と撮影したり、ひまわり畑、紅葉や幻想的な雪の中など、撮影場所も問いません。
特に、青々とした緑と神社での撮影は人気度が高く、日本の由緒正しき衣裳で、立ち振る舞いも普段とは異なり、凛と背筋も伸びるようです。
また、時期的には冬のロケーション撮影がおすすめです。
観光シーズンから外れ、観光の方も少なくなり、人気観光地でもゆったり撮影できます。
フォトスタジオでも、撮影許可を得るために人気スポットのお偉いさんとの協議もしています。
その結果、撮影不可と言われる神社やスポットを借りることができています。


和傘などのレンタルもできたり、お茶室で紙風船などのグッズを使ってみたり、前撮りは楽しい雰囲気で行われています。
フォトグラファーとのコミュニケーションが図れることも、満足できる仕上がりに繋がります。
ですので、事前の打ち合わせでの対応もチェックしてみましょう。
また、撮影中に自分たちのカメラで撮影を可能にしているフォトスタジオもありますし、衣裳店だからこそ叶う、好みの衣裳を選び、本格的な撮影ができることもあります。
中には、前撮りで少し慣れることで、式当日の写真撮影も緊張せずに臨むことができたという意見もあるようです。
プランには、1日ゆったり撮影できるプレミアムなプランがあり、丸1日、だいたい7時間から10時間くらい撮影するプランも人気で、とことんこだわりたい新郎新婦におすすめのようです。

次の記事へ

上へ戻る