和装の前撮り☆おすすめ6社

TOP > 和装の前撮りのお得情報 > 和装前撮りでベストショットを撮るための衣装や髪型の留意点

和装前撮りでベストショットを撮るための衣装や髪型の留意点

結婚披露宴などでは着物衣装を省略するカップルも増えている一方で、和装の前撮りが人気を集めています。
前撮りと言えば従来は何らかの理由で結婚披露宴をとり行うことができなかったカップルがせめて写真だけでも、本式をしたのと同じ体験と写真を残したいとの希望をかねるために利用されることが多かったわけですが、現在では必ずしもそのような限定されたニーズに応えるわけでもなく需要の裾野ははるかに幅広くなっています。
結婚式は洋装だけで済ませたカップルや、単純に父母や祖父母に楽しんで欲しいなどのニーズでも利用されています。
基本料金は5-10万円程度で設定されていることが多く、これにヘアメイク代や衣装代などが加算されることになります。
いずれにせよ披露宴などを開催するに比較すれば低廉な費用で利用できるサービスです。


和装前撮りで満足の良く仕上りの写真を得るためには、衣装やヘアメイクにどのようなスタイルを採用するのかがポイントになります。
しかし和装は袖を通す機会がめっきり減ったので、実際に前撮りをするにしてもどのようなスタイルが定番なのかすら想像も付かないのが正直なところでしょう。
この点のあたりはスタジオのスタッフから幾つかの選択肢を提案されることが多いわけですが、人気なのは「色打掛」になります。
赤地に金箔を初め色とりどりの鮮やかな彩色を施しているので華やかな印象で際立ちます。
前撮りでは2つのスタイルで撮影されることになるので対照的な印象の白無垢と組み合わせることで全く異なる雰囲気を楽しめることは出来るでしょう。
衣装合わせで困ったら、スタジオの衣装スタッフに気軽に質問すれば最適のアドバイスも期待出来るので安心です。


和装の機会が少ないので当然のことながら、メイクやヘアデザインでも悩むことが多いでしょう。
ただ和装の場合にはある程度決まりきっており古来から踏襲されてきたスタイルがあるので、決まりごとを守れば違和感無く、衣装の持ち味も十分に活かせることができるはずです。
いわゆる「和装美人」の条件には切れ長の目や鮮やかな赤い唇、そしてつや無しのマットの色調の肌質の三点がポイントとされているので、この方向性を意識すれば和の持ち味を活かせるでしょう。
ところで髪型はかなり斬新なスタイルで変化をつけることで、落ち着くことになりがちな和風衣装の地味な雰囲気に花を添えることができます。
具体的には流行の西洋スタイルの髪型におしゃれなデザインの櫛で彩をそえることで人目を引きながら清楚なかわいらしさを演出できるはずです。

次の記事へ

上へ戻る