和装の前撮り☆おすすめ6社

TOP > 和装の前撮りのお得情報 > 挙式当日のお色直しの時間を短縮することにもなる前撮りでの和装

挙式当日のお色直しの時間を短縮することにもなる前撮りでの和装

結婚式では花嫁のウェディング衣装もゲストたちの注目の的ですが、ウェディングドレスから色打掛に着替えるのは、白いドレスからカラードレスに着替えをするよりももっと大変です。
披露宴でのお色直しは定番ではありますが、時間がかかるのでゲストを長く待たせることになりますし、本人が会場にいる時間も同時に短くなります。
挙式から披露宴まで当日はとにかくバタバタするので、ゲストと会話をしたり、ゆっくりと写真撮影をするのも大変なくらいです。
だからこそやっておきたいのが、結婚式前にスケジュールを組む和装での前撮りであり、これなら挙式当日に色打掛を用意しなくても、美しい写真で残すことが出来ます。
挙式当日は純白のウェディングドレスから、好みのデザインのカラードレスへのお色直しをするだけなので、時間的にも心にも余裕を持てますし、会場にいられる時間もそれだけ長いです。


和装での前撮りは和服ならではの撮影時に適したポーズがありますが、カップルで並んでの全身が写る立ち姿は定番のショットです。
全体を撮影することが出来るので、その日の衣装のデザインや柄まですべて写真に残すことが出来ます。
立ち姿で並んで撮影をしたら、今度は和服で隣り合わせて座っての写真撮影です。
洋服ではなく和服ならではの風格のある美しい座ったショットは、結婚の報告をするためのはがきにも、挙式当日のウェルカムボードにも使うことができます。
残しておきたいポーズとして後ろからの撮影もありますが、後ろ姿は和服の場合だと柄がとても美しく出ますので、せっかくなので並んで撮影をしておくことです。
使い捨てのビニール傘などとは違い、和服には番傘とのコンビが最強ですから、和風の雰囲気を一気に高めてくれる、番傘を小物として撮影時に手に持つこともできます。


お色直しをしたりする結婚式ですが、着用をしたいウェディング衣装はたくさんあるので、当日は着用予定のない衣装で写真を残せる前撮りは、医療選びに悩むカップルにも助かります。
現代のウェディングの傾向として結婚式では、花嫁はウェディングドレスだけ着用というケースが多いです。
だからこそ結婚式前に撮影をする時には、和装の白無垢や色打ち掛けを選ぶ女性が多くなっています。
もちろん結婚式当日にも和服を着用して、前の撮影でも白無垢などを着用というケースもありますから、その際にはヘアスタイルなどにアレンジを加えるのも良い方法です。
綿帽子やかつらを挙式当日には乗せるのであれば、事前に写真撮影にする際には、あえてヘアスタイルは洋風で白無垢や色打ち掛けなどの着用をすることもできます。

次の記事へ

上へ戻る